「二日酔いがつらい・・・」お酒を楽しむための新しい習慣

 

昔はお酒を飲んでも吐かなかった。

二日酔いになることなんてなかった。

 

それが最近では・・・

 

同僚からは、お酒弱くなったねと言われ。

あと一杯飲みたいのに飲めなくなった。

気を付けているのに翌日は二日酔い。

昔の様に楽しく飲みたい!

 

同じ事を感じている人は多いのではないでしょうか?

そこで、「昔のようにお酒を楽しむためにはどうすればいいのか」についてご紹介します。

「年齢と共にお酒に弱くなる」は避けられない。

「年齢と共にお酒に弱くなる」は避けられません。

要因としては2つ挙げられます。

①肝機能の低下

年齢を重ねるに連れて、食事量が減ったり、油っぽいものが食べれなくなったりした経験はありませんか?

それは、年齢と共に消化機能が低下している事が要因の1つです。これと同じように肝臓機能も低下してきます。

肝機能が低下するとアルコール分解する能力も低下します。

②体内水分量の低下

年齢と共に水分量も低下していきます。水分量が少なくなるとアルコール濃度が高くなりやすいため

その分酔いが回るのも早くなります。

 

ウコンってどうなの?

「今日は楽しい飲み会だからウコンを飲もう!」

そう思っている人の多くは肝機能を高めるようなウコンのサプリメントやドリンクを飲むことが一般的な対策ではないでしょうか?

現実は・・・悩みが解決されなかった人も多いと思います。

お酒に弱くなった要因はこれまでご説明した通り、肝臓機能の低下にあります。

だから肝機能を高める対策は一見、理にかなっている様に感じます。

 

しかし、決定的に間違っているのは肝機能の低下が一時的な問題なのか?基礎機能として低下しているのか?

ここに目を向ける必要があるのではないでしょうか。

 

一時的に低下している機能に対して、肝臓機能を高めてくれるウコンを摂取すれば、回復が見込める可能性があると思います。

しかし、基礎機能として低下している場合は少し話が違うのではないでしょうか。

肝機能を高めてくれるサプリメントやドリンクを飲んでもお酒に強くならないと感じる方の多くは、

年齢とともに基礎機能として低下してきている状態だからかもしれません。

ではどうすればよいのでしょうか?

お酒を飲んだ時のデメリットについて再度考えてみましょう。

 

お酒と活性酸素の関係

古来から「酒は百薬の長」とも言われアルコールを適量飲む分にはストレス解消や血行促進に良いと言われます。でも適量って難しいですよね?私たちの身体はアルコールを分解する時“水分”を使います。大量のアルコールを分解しようとすれば、脳や全身が水分不足・ミネラル不足に陥り、頭痛や全身の疲労感・脱力感を招きます。さらにアルコール分解時に生じるのがアセトアルデヒドとその酸化物の“毒”。顔の紅潮や吐き気、激しい頭痛を引き起こす“毒”・有害物質がアルコール分解時に生じています。これが二日酔いを引き起こす原因です。

しかし二日酔いには活性酸素が深く関係していることは意外に知られていません。アルコールを分解する時に、体内に“毒・有害物質”が生じると、この毒を感知して大量の“活性酸素”が生まれます。これは身体のセンサーが毒を見つけたぞ!これ以上は飲むなよ!というシグナル。身体を守るための防御反応です。また大量に出た活性酸素は最終的に酸化力の強い悪玉活性酸素に変わってしまいます。こうなると身体の調子はどんどん悪くなり「酸化」「老化」が始まります。お酒を飲みすぎは「悪玉活性酸素」と「身体の酸化」を招く。これ意外と知らない人が多いですよね?

 

お酒には水素がおすすめ

そこで「水素」の出番です。水素は身体の中に生成されてしまった悪玉活性酸素を強力に除去すること、つまり「還元」できるようになるため二日酔いの予防やお酒を飲みすぎた次の日もハツラツとしていたいという場合におすすめ。これらは研究によって明確にされていることです。お酒が好きな方こそ水素を試して欲しいのはこのような理由があります。

「水素を取り入れる」

これが、年齢と共にお酒が弱くなったな・・・と感じた時にオススメな対策です。

もちろん、体調や体質によって感じ方も違うと思いますが、お酒を飲まれる際は、食事やサプリメントを活用して水素を飲んでみる価値はあると思います。

健康に楽しく飲むために体の変化と共にお酒との付き合いかたも変えていきたいですね。

 

お酒に弱くなった人におすすめの水素サプリメント

お酒に弱くなった人が愛用している水素サプリメントがあります。

今なら先着90人限定で
定期コースの初回が半額で始められるみたいです。

公式ページはこちら

ぜひこの機会に始めてみてはいかがでしょうか?

あなたの育毛剤の力を7倍にする方法

minoxidil-for-hair-loss.png

育毛剤が効かない大きな理由

 

最近この問題は

メディアでもよく取り上げられ

各メーカー改良を加え、

新商品もたくさん出ています。

 

7

 

育毛剤は毛根へ届かない

 

届かないから効果が出ない。

 

image1

 

そして、これらの問題を解決すべく

この数年で浸透を売りにした商品が

たくさん発売されました

 

でも、その効果にあなたは満足していません

それはなぜなのか?

 

法律上、本当に肌の奥に浸透するものは

医薬品以外に作ることができないからです

 

べっとりとした毛根に詰まった脂を貫通するほどの

浸透力を持った商品は技術上作れても

商品化はできないのです。

 

 

では、どうすればいいのかをお伝えします

 

あなたの育毛剤を使う前に

 

簡単な1STEPを追加して

 

浸透力を何倍にも上げれば

良いのです。

 

薬用スカルプシャンプに満足していないあなたにも

理論上 効果が必ず出るはずです

 

詰まった毛穴を安全に、

しかも一瞬でクリーニングする

このアイテムを

 

洗髪前に使うだけ。

 

成分は海洋深層水をメインに特殊配合されていて

リスクはありません。スキンケアにも使えるぐらい

優しい成分です。

 

今、お使いの育毛剤を変える必要もありません

 

 

浸透力を上げるのではなく

 

脂を取ることに特化した商品で

シンプルに脂を取り除けばよいのです

 

綺麗になった毛穴に、

いつもの育毛剤を注ぐ

 

浸透力を強化されたあなたの育毛剤は

この、たった1つのSTEPを追加するだけで目的地に到着することができます。

 

その実力のほどはいかに?

口コミを調べてみました

 

【口コミ1】

たっぷりスプレーで濡らして馴染ませると、汚れが乳化してきます!
白く濁った個所がよごれなので、結構あるなって思いました。

これを使用してからは、頭皮も髪も柔らかくなってきいている感じがします♪
特に頭皮は、痒みがおさまったのでかなり良い感じです!

 

【口コミ2】

頭皮までしっかり洗えてとてもさっぱりします!
皮脂の汚れ具合がよくわかるので、こんなに汚れているなんてびっくりでしたね。
シャンプーでは落とすことのできない汚れだそうです。
刺激もなく、やさしくケアが出来るので頭皮へのダメージも少ないと思います(〃ω〃 )

 

 

ネガティブな口コミも何件かありました。

 

【口コミ3】

ただただ使いにくい。
あんな小さなスプレーで髪が十分に塗らせるわけがない。
ロングヘアーなのですが、100回以上スプレーしても髪の毛が湿る程度。
手もだんだん濡れてきて滑ってスプレーしづらく痛い。
イライラしてスプレーをとりそのままふりかけました。
マッサージしやすい程度になるため使用した量はボトル半分w

ロングヘアーの人は2回使用したらなくなります。
頭皮が薄い方のための商品なので、そういう方は何度も使用できるのでしょうが…
女性向けではない商品ですね。

 

 

このようなスプレーに対してネガティブな口コミ

少しありますね、特にロングヘアの方が

使いにくいようです。

 

このように効果はわかりやすく出るようです。

 

今なら公式サイト限定で

キャンペーン中ですので

長い育毛生活のあなたも、

これから育毛ライフをどうするか迷ってるあなたも

 

まずは、水橋保寿堂製薬 GO-FACTORを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

button_toku

オーガニックシャンプーの洗浄力を10倍にする方法

shampoo

ボタニカルシャンプーの登場で
低刺激シャンプーが空前絶後のブームになっていますが

この天然系シャンプー
男性には洗浄力が足りないのは事実

泡立ちが悪く2度洗い、や3度洗いもしばしば

でも2度洗いをすると
ノンシリコン特有ですが、、
髪の毛がキシキシしてしまい
抜け毛の原因にも

はじめのころは口コミを集めていると
少量でさっぱり洗えていたのに
最近は量を多くしないと泡立たない
2度洗いじゃないとスッキリしない
って
方も多いですね。
 
そんな、あなたは要注意!!
 
同じシャンプーを使っていても
泡立つ人と泡立たない人
がいるのは知っていますか?
その泡立たない原因はただ一つ
それは、
 
脂汚れが蓄積しているから

でも、対策は簡単です。

予め髪をしっかり濡らしてから
シャンプーを使えば泡立ちます

でも、こんな方はもしかすると
しっかり濡らすだけでは泡立たないかもしれません

✔ 整髪料を使う
✔ ヘアケアをしていない男性なのに
✔ 髪の毛がつやつや
✔ 40代男性
✔ 髪の毛が固いと言われたことがある
 
この中のひとつでも当てはまる場合は
早めの対策が必要です。

もちろんお金と時間に余裕がある方は
週1回程度ヘッドスパに通えばスッキリできると思います。
 
しかし、もっと簡単に

そして気軽に
頭皮の脂だけを取り除く方法があるとしたら

興味がありますよね。

料金はヘッドスパの1回1万円程度と比べると
1回2000円以下で行えるため
8000円近く安くつくとするとどうですか?

もちろん
おふろで自分ひとりでできます。

しかも
監修、販売は製薬会社が行っていて
信憑性も高いことは間違いないでしょう。

有効成分たっぷりの
育毛剤がなんで効かないんだ!

という視点で研究が進められて
産まれた商品、
GO-FACTOR クレンジングローション

必見です。

gofactor

透明な液体を頭にかけるだけで
毛穴の脂汚れがダラダラ流れ出す

ヒット商品を数多く産み出している
水橋保寿堂製薬の商品ですので

入荷待ちが起こるかもしれません

育毛剤をご利用のかたも
そろそろ育毛剤デビューを考えているかたも
シンプルに
天然シャンプー前の下処理剤としても
おススメです。

興味が少しでもある方は
購入ボタンが表示されている間に
お試しください。

 

button_toku

日本の育毛剤が効かない本当の理由

usuge01
幼いころから薄毛の親を見て育ちましたので、
何をやっても効かないということは重々承知。

毎日鏡を見つめて
励むが効かない育毛剤たち。

1本終われば、どこからか、手に入れてきた
高級そうな重厚な容器に入った育毛剤。
やっぱりそれでも結果は出ない。

 

そんな父親を何十年か見てきました。

馬鹿じゃないのか、とっととあきらめろと思春期あたりからは
冷めた目で見ていましたが、

いざ自分の番になると、そうはいかない。

20代半ばから諦めてはなるものかとまぁ、必死。

 

それなりに値の張るものにもトライ。
でも、やったー。と満足いくような商品にはなかなか
めぐり合わない。

どれを使っても最初はこれだ!って思うんですが、
時間がたっても増えた!と言えるほどにはなかなか出会いません。

 

そこで、

育毛剤歴15年、なんで効か育毛剤歴15年、なんで効かないのかを
調べます。調べずには入れません。

 

 

 

img_608892e72809d12488ad6856b952ca38164935
そこで、つかんだのは衝撃の真実。

 

そうです。
日本の法律上の定めで、
ほとんどの育毛剤は医薬部外品です。
たまに医薬部外品でもなんでもなないものも
ありますが、、、

 

この医薬部外品である育毛剤の効果は育毛、脱毛の予防
であって発毛ではないのです。
もちろん発毛を助ける力はあるのでしょうが、、、、

 

育毛剤でけげ増えるなんてことは無いのです。

発毛できるのはミノキシジルなどリスクの大きい医薬品だけ。

育毛剤では毛が生まれることはありえないのです。

ある意味抜けていないなら育毛剤としては成功していたとも言えますが。

 

まぁ、ミノキシジルでも1割は無反応、約3.5%が期待通りに改善。
そのほかは生えたが満足いくようなものではないという感じ。
しかも第一類医薬品なので副作用に対してはそれなりの覚悟が必要です。

 

試す価値はあると思いますが、
対面販売だし、問診もあるのでちょっと最後の砦にしておきたい。

 

それよりもミノキシジルを各メーカーが使わないのが気になるところですが、

 

育毛剤は日本の法律上
生えないと知ってしまった以上、
このまま
育毛ライフを続けるわけにはいきません。

 

では、どうするのか。

 

簡単に、育毛剤の効果を何倍にもする方法はないのかを
調べつくしました。

 

 

その結果、誰しも一つの結論にたどりつきます。
私も例外ではなく、有効成分を限りなくロスなく毛根へ届ける方法に着目します。
やはりどこでも言われているのは皮脂が邪魔して育毛剤が届かいないという事実、
これを突破するために毛穴を綺麗にする数々のスカルプシャンプーが
多く出てきますが、意外と知られていないスカルプジャンプーの事実。

成分を見てその一つ一つを根気よく調べていくと恐ろしい事実と直面します。

 

ご存知、合成界面活性剤。
強力な洗浄力で皮脂を拭い去るだけではなく毛根を傷つけるおそれも多く、
最悪の場合皮脂は残ったまま、毛根にダメージだけ残ることも。

この合成界面活性剤はありとあるゆる名前で身を隠すように配合されています。

 

これまで調べてきた中では数百種類、
もちろんすべてに問題あるわけではないですが。

1つの商品に多くの種類の界面活性剤を配合しているものもあり、

特にダメなものは、
石油系合成界面活性剤と呼ばれるものです。

角質層を溶かし、壊す恐れがあります。

さらに、皮膚や、髪についた合成界面活性剤は
簡単には取れません。そのまま破壊活動を続けるのです。

どうなるかは想像にたやすいのです。

 

 

是非一度シャンプーの裏面をご確認ください。

投げ捨ててしまうようなものかもしれませんね。

豆知識として、
スルホン酸と
○○硫酸
Na
アンモニウム
このあたりはよく一緒に配合されていると要注意。
石油系合成界面活性剤がはいっているかも。

 

それはさておき、

もっと簡単に今までの
シャンプーや、育毛剤を変える事なく皮脂だけをクリアに
するものを見つけました。

これにより同じ使用量でも毛根に届く有効成分の量は何倍にも変わります。

 

GO-FACTOR 気になるかたはしたのボタンから
           ↓↓↓

button_toku