「二日酔いがつらい・・・」お酒を楽しむための新しい習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

昔はお酒を飲んでも吐かなかった。

二日酔いになることなんてなかった。

 

それが最近では・・・

 

同僚からは、お酒弱くなったねと言われ。

あと一杯飲みたいのに飲めなくなった。

気を付けているのに翌日は二日酔い。

昔の様に楽しく飲みたい!

 

同じ事を感じている人は多いのではないでしょうか?

そこで、「昔のようにお酒を楽しむためにはどうすればいいのか」についてご紹介します。

「年齢と共にお酒に弱くなる」は避けられない。

「年齢と共にお酒に弱くなる」は避けられません。

要因としては2つ挙げられます。

①肝機能の低下

年齢を重ねるに連れて、食事量が減ったり、油っぽいものが食べれなくなったりした経験はありませんか?

それは、年齢と共に消化機能が低下している事が要因の1つです。これと同じように肝臓機能も低下してきます。

肝機能が低下するとアルコール分解する能力も低下します。

②体内水分量の低下

年齢と共に水分量も低下していきます。水分量が少なくなるとアルコール濃度が高くなりやすいため

その分酔いが回るのも早くなります。

 

ウコンってどうなの?

「今日は楽しい飲み会だからウコンを飲もう!」

そう思っている人の多くは肝機能を高めるようなウコンのサプリメントやドリンクを飲むことが一般的な対策ではないでしょうか?

現実は・・・悩みが解決されなかった人も多いと思います。

お酒に弱くなった要因はこれまでご説明した通り、肝臓機能の低下にあります。

だから肝機能を高める対策は一見、理にかなっている様に感じます。

 

しかし、決定的に間違っているのは肝機能の低下が一時的な問題なのか?基礎機能として低下しているのか?

ここに目を向ける必要があるのではないでしょうか。

 

一時的に低下している機能に対して、肝臓機能を高めてくれるウコンを摂取すれば、回復が見込める可能性があると思います。

しかし、基礎機能として低下している場合は少し話が違うのではないでしょうか。

肝機能を高めてくれるサプリメントやドリンクを飲んでもお酒に強くならないと感じる方の多くは、

年齢とともに基礎機能として低下してきている状態だからかもしれません。

ではどうすればよいのでしょうか?

お酒を飲んだ時のデメリットについて再度考えてみましょう。

 

お酒と活性酸素の関係

古来から「酒は百薬の長」とも言われアルコールを適量飲む分にはストレス解消や血行促進に良いと言われます。でも適量って難しいですよね?私たちの身体はアルコールを分解する時“水分”を使います。大量のアルコールを分解しようとすれば、脳や全身が水分不足・ミネラル不足に陥り、頭痛や全身の疲労感・脱力感を招きます。さらにアルコール分解時に生じるのがアセトアルデヒドとその酸化物の“毒”。顔の紅潮や吐き気、激しい頭痛を引き起こす“毒”・有害物質がアルコール分解時に生じています。これが二日酔いを引き起こす原因です。

しかし二日酔いには活性酸素が深く関係していることは意外に知られていません。アルコールを分解する時に、体内に“毒・有害物質”が生じると、この毒を感知して大量の“活性酸素”が生まれます。これは身体のセンサーが毒を見つけたぞ!これ以上は飲むなよ!というシグナル。身体を守るための防御反応です。また大量に出た活性酸素は最終的に酸化力の強い悪玉活性酸素に変わってしまいます。こうなると身体の調子はどんどん悪くなり「酸化」「老化」が始まります。お酒を飲みすぎは「悪玉活性酸素」と「身体の酸化」を招く。これ意外と知らない人が多いですよね?

 

お酒には水素がおすすめ

そこで「水素」の出番です。水素は身体の中に生成されてしまった悪玉活性酸素を強力に除去すること、つまり「還元」できるようになるため二日酔いの予防やお酒を飲みすぎた次の日もハツラツとしていたいという場合におすすめ。これらは研究によって明確にされていることです。お酒が好きな方こそ水素を試して欲しいのはこのような理由があります。

「水素を取り入れる」

これが、年齢と共にお酒が弱くなったな・・・と感じた時にオススメな対策です。

もちろん、体調や体質によって感じ方も違うと思いますが、お酒を飲まれる際は、食事やサプリメントを活用して水素を飲んでみる価値はあると思います。

健康に楽しく飲むために体の変化と共にお酒との付き合いかたも変えていきたいですね。

 

お酒に弱くなった人におすすめの水素サプリメント

お酒に弱くなった人が愛用している水素サプリメントがあります。

今なら先着90人限定で
定期コースの初回が半額で始められるみたいです。

公式ページはこちら

ぜひこの機会に始めてみてはいかがでしょうか?

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。